MAドクター生き残る中小企業のサバイバルMA戦略

MA運用サポート

MAに必要な3つのモノとは?

MA運用サポート

what-is-important-to-ma01

近年、日本でも導入する企業が増えているMA(マーケティングオートメーション)ツール。

もともとは米国で開発され、2014年頃から、日本でも導入されるようになりました。大企業をはじめ、徐々に導入する企業が増えてきています。

ここでは、これからMAを導入してみようかと考えている方に向けて、MAとはいったいどんなツールで、どのように導入したらよいのかをご紹介していきます。

せっかくMAを導入するからには、しっかり成果を出したいですね。

MA導入には必要な3つのものがあります。それは次の3つです。

  • MAツール
  • コンテンツ
  • 運用管理者

MAツール!高いけれどもその価値は無限大。

MAとは何かと一言でいうと、“マーケティング活動を自動化してくれるツール”ということになります。具体的には、どのような機能があるでしょうか。

  • リードマネージメント
  • メールマーケティング
  • Cookieによるトラッキング
  • レポーティング
  • クロスチャネルマーケティング
  • スコアリング
  • セグメント化

それぞれの機能や期待される効果については、コチラをご覧ください。

MAを導入する時に一番初めにやることは?

MAには、様々な機能が備わっていますが、特にMAツールがその真価を発揮するのがメールマーケティングです。

従来のメールマーケティングと何が違うのかみていきましょう。

what-is-important-to-ma02

単純なメールマガジンでは、あまたのユーザーに対し、同じ内容のメールを一斉配信していました。

皆さんも、どんどん送られてくるメールマガジンにうんざりして、開封せずに削除したご経験があるのではないでしょうか?

また、単純なステップメールでは、多くのユーザーに対し、ワンパターンのステップメールを送り付けているだけです。これでは、開封率が下がっていくだけで、購買に結びつくような育成にはつながらないことが多いのではないでしょうか?

では、こちらから送るメールは、なぜ開封されないのでしょうか?

答えは一つです。顧客はその情報に興味がないからです。

逆を考えれば、興味がある情報を配信すれば開封してもらえるのです。

顧客の「興味がある!」を探りながらメールマーケティングを行うのが、MAです。

下にMAによるメールマーケティングの一例を示しました。

MAでは、配信したメールに対する顧客の反応に応じて、その後の対応を変化させていくことができます。

  • メールを開封してくれた顧客には、更なる情報を配信
  • メールを開封してくれなかった顧客には、違ったアプローチでの情報を配信
  • Webサイトへのアクセスがあり、サービスのページを見た顧客には料金プランのメールを配信

などと、顧客の行動を分析し購買へ結びつけるシナリオを描いて、メールの配信フローを組み立てることで、自動的に顧客を育成してくれるのです。

what-is-important-to-ma03

このように、マーケティングの世界も、従来のメールマーケティングから、MAによるメールマーケティングへと、そのポイントが変わってきているのです。

マスマーケティングから、One to Oneマーケティングへ。この波に敢えてに乗らない理由は、ありませんよね?

あなたに送られてくるメールマガジンの中で、「なんだか、この会社から送られてくるメールはやたらタイミングがいいな…」と感じているメールはありませんか?ひょっとすると、あなたに読んでもらいたいメールを選択し配信するようにMAにプログラムされているものかもしれません。

MAを生かすも殺すもコンテンツ次第!

さて、次はコンテンツです。

勘が良い方は気づいているかもしれませんが、MAの運用にはたくさんのコンテンツが必要になります。

上の図でもお示ししましたが、MAを使ったメールマーケティングでは、顧客のとる行動に応じて対応を変えたメールを送る必要があります。つまり想定したシナリオの数だけ、メールコンテンツが必要になります。メールの中でWebサイトへの誘導を行うなら、Webサイトも充実させておかなければならないでしょう。ファイルのダウンロードへ誘導するならホワイトペーパーも必要になります。このように、さまざまな形のコンテンツをどんどん作成していかなければならないのです。

実はここがMAの挫折ポイントだったりもします。良質なコンテンツを継続的に生み出していくことは、かなりのリソースを使いますし、慣れない作業にうんざりしてしまうこともあるでしょう。

社内の人材で作成していくのか?外部にアウトソースしてしまうのか?MAの導入の前にはしっかり検討しておくことが成功の秘訣です。

いないなら、外部委託だっていいじゃない。MA運用管理者あり方。

さて、MAツールとコンテンツがそろったら運用する人が必要になりますね。

運用管理者のあり方は2通り考えられます。

  1. 社内の人材を育成する方法
  2. 外部委託する方法

社内の人材を育成するには、自学で行うとかなりの時間がかかってしまいます。途中で挫折してしまうことも、あるかもしれません。効率的に育成するのであれば、プロの指南を受けるのが、一番手堅いかもしれません。MAを運用するにはある程度の基礎知識が必要になりますので、例えば、ITシステムに強い人材よりも、マーケティングの知識がある人材にITスキルをプラスすることで、MAの運用を任せられる人材に、育っていくかもしれません。

しかし、すぐにMAをバリバリ使っていきたいという場合は、プロに委託してしまうのが手っ取り早い方法でもあります。企業側の「こういう風にやりたい!」をすぐに形にして実行することが可能になるでしょう。

何をやりたいのか?予算はどれくらいあるのか?など、状況に応じて自社運用する部分とアウトソーシングする部分のバランスを考えながら、継続的に運用できる方法で始めていきたいですね。

ベンチャーネットでは、MAに関するあらゆるお悩みをお受けいたします。

MAツールの選定方法からMAの運用管理、コンテンツの作成まで、一貫したサービスのご提供が可能です。お客様にとって何が最適なプランなのか、一緒に考えていくというスタンスです。

もちろん、担当者はOracle、Salesforceといった大手のMAツールの運用資格を保持しておりますし、マーケティングの視点からも様々なご提案をさせていただくことが可能です。

MAについて、何か少しでも疑問点があれば、ぜひ一度、無料コンサルティングをお試しください。

あなたにお勧めの記事

MA運用サポートのノウハウをご紹介

leave-the-ma01

MAをよみがえらせよう! ...

せっかく導入したMAツール。使わないままにしておくのは宝の持ち腐れになってしまいます。いったい何のために導入したのか、思い出してみましょう。…

解決策を知る

salesman-vs-ma01

スーパー営業マンvs MA...

最近よく聞くMA(マーケティングオートメーション)というコトバ。 「業務の効率化や、デジタル化の為に役立ちそうだけど、システムって難し…

解決策を知る