MAドクター生き残る中小企業のサバイバルMA戦略

MAコンサルティング

あなたの会社のメールマーケティング、上手くいっていますか?

MAコンサルティング

mailmarketing01

近年、多くの企業がe-mailをマーケティング活動に利用していますね。比較的ローコストで手軽に誰でも始めることができるのがメールマーケティングです。よく行われているのは、メールマガジンの配信や、セミナーなどに来てくれた後のお礼メールと言ったところでしょうか。

BtoC企業はもちろんのこと、BtoB企業でもメールマーケティングでも大変有効なマーケティング手段となり得ます。しかし、メールマーケティングはマニュアル通りになりがちで、そこに工夫がなされていない企業が多く見受けられるのも事実です。

あなたの会社のメールマーケティングは上手くいっていますか?開封率やユーザーの反応をきちんと分析し、マーケティング活動に利用できていますか?

メールマーケティングは、メールを送ることが目的ではありません。今回は、メールマーケティングのメリットを正しく理解し、ワンランク上のメールマーケティングを目指せるようになりましょう。

従来のメールマーケティングってどんなもの?

これまでのメールマーケティングは基本的に「顧客データベースの中の顧客に対し、一斉配信するメールマガジン」でした。

メールの手軽さゆえに、多くの企業が配信を行ってきました。今でも、まだまだこのタイプのメールマガジンを配信している企業も多数存在しています。

このようなメルマガが私にもよく送られてくるのですが、開封もせずにメールボックスにたまっていく一方になっています。あなたも同じような経験をされているのではないでしょうか?

では、なぜ読まずに捨てるのでしょうか?

これは人により理由は様々だと思いますが、私の場合はこうです。

  • 興味がないから
  • 自分には関係ないことだから
  • 文章だらけで読む気がしないから

では逆に開封して読んでみようとするメルマガはどういうものでしょうか。

  • 自分の興味のある話題に触れている
  • 自分が欲しい情報が含まれている
  • ちょうど探していた情報がタイムリーに届いた時
  • 興味をそそる画像が添付されていて、分かりやすい構成でついつい読んでしまった

多少の違いはあっても、皆さんにも当てはまることではないでしょうか?

重要なのは、ユーザーが「本当にその情報を欲しいと感じているか」という点と、タイミングです。これがしっかりマッチしたとき、メールは強力なマーケティングツールになるのです。

メールマーケティングは“古くて効果のないもの”から、“確実に効果の得られるもの”にシフトしてきています。

これからのメールマーケティングはここが違う!

メールはただ送りつけても意味がないことはお伝えしました。送る相手に興味を持ってもらえるメールを送る必要があるわけです。

ところで、相手が欲しい情報の種類や、欲しているタイミングを知る術はあるのでしょうか?

また、データベースの中の顧客をグループ分けし、それぞれの特性に合わせた内容のメールを個別に送ることは可能なのでしょうか?

実は、そのオーダーメイドの配信を可能にするのが、マーケティングオートメーションツールと呼ばれるものなのです。

これは、一言でいえば「マーケティング活動を自動化してくれるツール」のことです。

メール配信に関して特に有用性を発揮し、今後も更なる進化が期待されている分野で、これからのメールマーケティングのトレンドになり得るツールと言えます。具体的にどのようなことが可能になるのか、下の図をご覧ください。

mailmarketing02

このように、従来一括して顧客全員に送り付けていたメールマガジンや、単純なステップメールと違い、顧客取った行動に合わせたメール配信の仕方や、顧客の属性に合わせた配信が可能になるのです。

もちろん、メールに対して顧客の名前を自動で差し込むことも可能ですし、その顧客の最もメールが開封されやすい時間帯を狙って配信できるように設定することも可能です。

マーケティングの父とも呼ばれるフィリップ・コトラー氏も、セグメント分けとターゲティングの重要性を説いています。

マーケティングオートメーションについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

マーケティングオートメーションが可能にする”情報の活用法”とは

まだまだあるぞ!マーケティングオートメーションのすごい機能!

このツールは、ワンランク上のメール配信を可能にするだけではありません。配信したメールの開封率や、リンクのクリック率などをデータとして取得することができます。また、メールのリンクから自社のWebサイトを来訪した時には、「どのメールの」「どのリンクから」「どのページに」来訪したのかが分かります。

こういった情報を分析することにで、「どのようなメールがよく開封されているのか?」「Webサイトのどのページがよく読まれているのか?」「お問い合わせまで至る確率が高いのはどのようなパターンか?」といったことが分かるようになり、マーケティング施策を最適化する為の重要なデータになります。

企業の成長にはPDCAサイクルをたくさん回していかなければなりません。マーケティングオートメーションの導入により、様々な顧客行動のデータが蓄積され、頻回にPDCAサイクルを回すことができるようになります。マーケティングオートメーションツールは、これからの企業戦略になくてはならないツールになってくると考えられます。

ベンチャーネットでは、マーケティングオートメーションベンダー各社(ORACLE,salesforce)とパートナーを組み、各ツールの運用資格を所有した担当者が、お客様にとって最適なサービスを提供することを第一に考えています。「最適なツールの選定」から「コトラーのマーケティング理論に基づくコンテンツプランニング」まで、一貫したサービスのご提案が可能です。MAについてご興味のある方は、ぜひ一度無料コンサルティングをお申し込みください。

あなたにお勧めの記事

MAコンサルティングのノウハウをご紹介

utilizing-seminars-and-events01

セミナー、展示会を最大限に...

近年、様々な業界でセミナーや展示会等開催されており、企業と顧客とが実際に対面できる場となっています。あなたの会社でもセミナーや展示会を開催す…

解決策を知る

good-salesman01

スーパー営業マンに頼り切り...

あなたの会社は、何名くらいの営業マンを抱えていますか?複数名の営業マンがいる場合、皆同じくらいの営業力があるのが理想的ですが、なかなかそうい…

解決策を知る

poor-sales01

経営者必見!ダメな営業マン...

企業にとっての「営業職」は、利益を生み出す大事な部門です。ここがうまく機能するかどうかで、会社の収益が大きく変わってきます。しかし、営業マン…

解決策を知る