MAドクター生き残る中小企業のサバイバルMA戦略

MA連携アプリケーション開発

MAツールと外部システムを連携することってできるの?

MA連携アプリケーション開発

thumb02-contentsmarketing

今使っているMAツールと別のシステムを連携させたい。

  • MAツールにできることと、できないこと。
  • 別のシステムと連携させるには。
  • システム連携って、誰に頼めばいいの?

使い始めてみると、かなり便利な機能を持つMA(マーケティングオートメーション)ツールですが、それでも「自社で必要な機能が全て揃っているわけではない」ということがあるかもしれません。あるいは「ここから先はもっと別のツール(あるいは手作業)で行っている」作業というものも、あるかもしれません。

それならば、複数のツールを連携させてみてはいかがでしょうか。

マーケティングオートメーションツールにできることと、できないこと

まず、マーケティングオートメーションツールとは本来、どのようなツールなのでしょうか。おおよそは次のように考えられています。

external-system-cooperation01

実際に利用できる機能としては、次のようなものがあります。

  • Webアクセス履歴の管理
  • 顧客や見込み客の状況に合わせたメール配信
  • セミナー管理
  • フォーム機能
  • リード管理
  • SNS(ソーシャルメディア)との連携
  • アナリティクス(分析)とレポーティング

これらの機能は、どのようなタイプのマーケティングオートメーションツールでも、それなりに備わっている機能です。

しかし一方で、企業全体での取り組みの中では、マーケティングオートメーションツールではやや苦手とすることもあります。

  • 顧客情報を、収集した“名刺”から取り込むこと
  • 商談の予定、状況、結果などの管理
  • 営業担当者による取引履歴、商談のステージ、訪問履歴、などの管理

こういった業務をデジタル管理するために、別途CRMツールを導入している企業も、あるのではないでしょうか。

別のシステムと連携させるには

社内業務を効率よくデジタル化し、それぞれのシステムを使いこなすためには、データの受け渡しが必須。

external-system-cooperation02

しかし、そこに人の手を挟むのはナンセンスです。その理由としては、

  • データ連携の手間がかかる
  • データ連携のタイミングがずれると、せっかくのデータが使いにくい(ムダになる)
  • 人的ミスを誘発する可能性がある

などが挙げられるのではないでしょうか。

これらは、それぞれのツールを連携させることで、回避することができます。

external-system-cooperation03

リアルタイムにデータをやり取りすることで、“顧客(見込み客)の今”と“営業活動の今”を的確に把握し、淀みの無い営業活動につなげていくことができるのではないでしょうか。

システム連携は難しい?誰に頼めば良い?

2つ以上の違うシステム(ツール)を連携させるためには、いくつかの方法があります。

  • A:バッチ方式にて、一定時間ごとに必要なデータの抽出、取り込みを行う
  • B:それぞれのシステム(ツール)に連携用の口を開けておき、データが更新されるごとに同期させる

この他にも方法はありますが、少なくてもAの場合は、データの同期にタイムラグが生じるため、あまりオススメできません。場合によっては、同期用データを保存するデータ領域を準備する必要が生じます。

一方、Bの方法であれば、どちらかでデータが更新されたタイミングで、もう一方のシステムのデータベースに、同期をかけることができます。ほぼリアルタイムで、データ同期が可能となるのです。

現在、一般的に利用されているマーケティングオートメーションツールとCRMツールにはそれぞれ、別のシステム(ツール)との連携が、標準機能として装備されているものがあります。一例を挙げてみます。

  • マーケティングオートメーションツール
    • Eloqua(オラクル)、Marketo(マルケト)、Pardot(セールスフォース)
  • CRMツール
    • Salesforce(セールスフォース)、Microsoft Dynamics(マイクロソフト)、Sales Cloud(オラクル)

では実際に、誰に頼めばこれらを「連携させる」ことが出来るのでしょうか。

現在では、様々なシステムベンダーが、それぞれの導入を請け負っていますが、両方のシステムに精通し、連携させることまで視野に入れたシステムベンダーは、数少ないのが現状です。

ベンチャーネットでは、マーケティングオートメーションツールとCRMツール、いずれのシステムでも、コンサルティングから導入まで対応しています。当然ながら、2つのシステムを連携させることも可能。何をしたいのか、どう使いたいのか、お客様のニーズに合わせて、幅広く対応することが可能です。

まずはお客様のことをしっかりと理解し、お客様の“マーケティング戦略”に基づいたプランニングをご提案させていただきます。

ぜひ一度、無料コンサルティングをお試しください。

あなたにお勧めの記事

MA連携アプリケーション開発のノウハウをご紹介

ma-improvement01

「こんな機能があったらいい...

MA(Marketing Automation)ツールの発展によって、日々のマーケティング業務を自動化できます。そして人的労力を削減し、より…

解決策を知る